薄毛に悩む大学院生が育毛剤を実施で体験!

男性用育毛剤と女性用育毛剤の違い

男性用の育毛剤と女性用の育毛剤がある

薄毛というのも男性・女性の悩みです。
しかし、男性と女性の薄毛のメカニズムは異なっています。
脱毛症の原因は、性別によって異なっていますから、女性のための育毛剤なら女性の症状に適した薬用成分が入っています。
当大学ではまずは両者の違いについて解説していきます。

男性の場合の薄毛の症状

男性の場合は、男性ホルモンのテストステロンが、5αリダクターゼという酵素によって、ジヒドロテストステロンという抜け毛を促すホルモンに変質することが原因となっています。男性ホルモンの分泌量が多いほど、変質する量も多くなるため、脱毛症になりやすいと言えます。

女性の場合の薄毛の症状

女性の場合は、男性とは逆で、女性ホルモンのエストロゲンの分泌量が減ることで、抜け毛が増えるようになります。
エストロゲンには、体毛を抜けにくくする作用があるため、それが多く分泌されている時は、体毛はあまり抜けないのです。

妊娠出産で女性は一時的に毛髪サイクルが狂う

たとえば妊娠中は体毛が濃くなると言われていますが、それは濃くなるというよりも、妊娠によるエストロゲンの分泌量の増加で、抜けにくくなるからなのです。
したがって出産すれば、それまで抜けずに残っていた体毛が、一気に抜け落ちるようになります。これが、いわゆる産後脱毛症です。また、更年期になってエストロゲンの分泌量が減少すると、それによっても抜け毛が増えていきます。

男性と女性とでは、脱毛症の原因が全く違う

脱毛の原因が異なっているのですから、改善するためには、それぞれ異なった方法を選択する必要があります。
脱毛症の改善には、育毛剤の使用が有効ですが、男性は男性用の、女性は女性用のものを選んで使わなければならないのです。
男性用の育毛剤には、ノコギリヤシエキスなど5αリダクターゼの働きを阻害する成分が配合されています。5αリダクターゼによってテストステロンが変質させられなければ、抜け毛は減っていくことになるのです。

女性ホルモンと男性ホルモンに注目して治す

それに対して、女性用の育毛剤には、イソフラボンなどエストロゲンの代わりとなって働く成分が配合されています。
エストロゲンが減少しても、イソフラボンが同じ働きをしてくれれば、体毛は抜けずに残りやすくなるのです。”特に女性の育毛剤の場合は頭皮にやさしいことが挙げられます。
いかに長く続けられるかということもキーワードになるので、しっかり選んで利用しましょう.

最新の研究成果

  • meiji220

    女性であっても育毛剤は必要なのです。 最近は、男性の方だけでなく、女性の方も、生活習慣の乱れやストレス、加齢な …

    女性用育毛剤をめぐる環境の変化について

  • campus220

    育毛剤で髪の毛を健康的に育てる 髪の毛が薄くなってきて悩んでいる方も少なくありませんが、どのようにケアすれば良 …

    育毛剤の利用に当たっての心得

  • koudou220

    育毛剤には3つの効果があります。 育毛剤は自分の薄毛や抜け毛のタイプと現在の状態に合ったものを使うことが大切で …

    育毛剤の3つの効果